江戸時代中期の『享保元年(1716年)』に創業。

酒銘『神雷』の由来はその昔雷が酒造蔵に落ちたが
大過なかった事、また神の宿る国
『神石(じんせき)』にあやかり命名された。

『信頼して飲んで頂きたい』
との想いも込められています。
神雷 三輪酒造